WordPressビジュアルエディタの使い方

  •   ホームページを作るのに使うWordPressの投稿画面には

2つの種類があります。


1つは「ビジュアルエディタ」で、もう1つは「テキストエディタ」です。

ここでは「ビジュアルエディタ」の使い方を説明します。


「テキストエディタ」についてはこちら

 

WordPress「ビジュアルエディタ」について

ビジュアルエディタを使うと編集している記事がWeb上にアップされた時と同じように表示されます。

実際の表示を見ながら作業を進める事が出来るので、読者の目線で確認する事が出来ます。

文字の色を変えたり太文字にしたり

画像なども表示されるので画質の確認も出来ます。

ビジュアルエディタ

切り替えの方法

右上のところをクリックして切り替えます。

切り替え

 

「ビジュアルエディタ」のボタンの位置とその機能

機能

 1 見出しをつける時に使います。

 2 文字を太くします。

   文字を太くします。

 3 イタリック体にします。

   イタリック体にします。

 4 番号なしのリストを作ります。

  •    花
  •    鳥
  •    月

 5 番号ありのリストを作ります。

  1.  花
  2.  鳥
  3.  月

 6 引用文を入れる時に使います。

ここから引用

WordPressの使い方

ここで終わり

 7 文字を左に寄せにする時に使います。

 8 文字を中揃えにする時に使います。

 9 文字を右寄せにする時に使います。

10 リンクを挿入する時に使います。

   「リンクの方法」

  〇 リンクを貼りたい文字列を選択します。

  〇 ボタンを押し開いたウィンドーにリンク先を入力します。

11 リンクの削除をします。

12 「続きを読む」タグを挿入します。

   記事の抜粋と本文を分けることができます。
   記事の抜粋のみを表示させたい時に使います。

13 ツールバーを切り替えます。

   あまり使わないものを閉じておく事が出来ます。

14 打ち消し(文字の上に線を引きます。)

   文字の上に線を引きます。

15 文章中に横ラインを引きます。

16 テキストの色を変える時に使います。

    色を変えます。

17 テキストとしてペーストする時に使います。

18 書式の設定をクリアする時に使います。

19 特殊文字を表示させます。

   別ウィンドーで開いた中から特殊文字を選べます。

20 インデットを減らす時に使います。

   文字の間隔を狭くする事が出来ます。

21 インデットを増やす時に使います。

   文字の間隔を広くする事が出来ます。

22 取り消ししたい時に使います。

   直前の操作を取り消す事ができます。

23 やり直しする時に使います。

   直前の操作をやり直せます。

24 キーボードのショートカットを表示させます。

  ショートカットキーの使い方が表示されます。

  これを参考に、ショートカットキーを使うと便利です。

 

 

投稿者プロフィール

ヨッシー
ヨッシー
こんにちは!
塾生のヨッシーです。
アフェリエイトに興味があり、ネットビジネスに飛び込んでみました。
仲間とともに成功への道を歩けることが、いかに有利か経験してよくわかりました。
あなたも、いい環境でビジネスしてますか?!


ブログランキング参加中。
クリックしてくれるとスゴク嬉しいです!!

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ ブログランキング

コメントを残す

このページの先頭へ